ホーム > 技術情報

美味しい水

おいしい水とは、ミネラル、硬度、炭酸ガス、酸素、を適度に含んだ冷たい水と言われ、不純物をまったく含まない水(純粋な水)は、飲んでも決しておいしい水とは言えません。適当な物質が適度に溶けていることがおいしい水の要件なのです。

ミネラル:カルシウム、ナトリウム、カリウム、鉄など水中に溶けている鉱物質の総量で、水の味にコクとまろやかさをだします。1リットル中に30〜200mgを含んでいる水が良いとされます。

硬度:カルシウム、マグネシウムの量によって計られ、これらの成分が多いと硬水とよばれ味がしつこく、低いと軟水と呼ばれコクのない水となります。1リットル中に10〜100mgを含んでいる水が良いとされます。

炭酸ガス:涌き水や地下水などに多く含まれ、水に新鮮でさわやかな味を与えます。1リットル中に3〜30mgを含んでいる水が良いとされます。

酸素:水に清涼感を与えます。酸素がまったくない水は、味が悪くなります。

残留塩素:水にカルキ臭を与え、濃度が高いと水の味を悪くする。

水温:水温は10〜15度が飲むのに快適な温度と言われます。

(厚生省「おいしい水研究会」より)

前のページへ